2013年10月15日

<きもの HOLIDAY in 湘南> では 人気の麻半襟に柄染めをします!

11月23日(土/祝)、24日(日)の連休に「着物クリエイターズ」の一員として、
新之助上布webshopも「きもの HOLIDAY in 湘南」のイベントに参加します。

イベント内では、いつもどこかのショップが賑やかにワークショップを行っている予定です。

お申し込みは、こちらのページをご覧下さい。

新之助上布は 24日の11時〜12時半の90分 
少し長めにお時間を設定しているのは、ハンコやステンシルの型紙から作っちゃおう!というチャレンジャーな方の
ご希望にもなるべく添いたいとと思いましたので。

*ご注意・お願い事項*
スタンプ状のインクですが、染料を使います。エプロンやお着物の方は割烹着をお持ち下さい。
お持ちでない方は事前にご連絡頂ければ、ご用意致しておきます。
でも、万が一のことがありますから、大切なお洋服やお着物でのご参加はお控え下さいね〜。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ステンシルはこんな感じ。

WS_hanneri_tubaki.jpg


ハンコはシンプルな形ほど、ランダムに押すと個性が・・・

DSC02367.JPG

クリスマスなので、天使のスタンプ(消しゴムハンコ)を彫ってみました。

WS_hanneri_ange.jpg

お正月用に干支とか、縁起物の柄もいいですね。
アイディアや、半襟に付けてみたいイラストがあったら、シンプルで出来そうなものなら
時間中に頑張ってみるものよし。お手伝いしますよ〜。

麻半襟は1年中大丈夫。(そうでは無いと言う意見の方もいらっしゃいますが)
クリスマスやお正月に、自分のイラスト入り半襟って楽しいと思いませんか〜!

posted by にびいろ at 22:38| Comment(0) | 活動/取り組中

着物クリエイターズの きもの HOLIDAY in 湘南 開催のお知らせ

きものHOLIDAY in 湘南DMJPG.png

★☆ 新之助上布webshopとして参加するイベントのご案内です ☆★

着物クリエイターズの
きものHOLIDAY in 湘南

開催: 11月23日( 土・祝日 ) 〜24日( 日 ) 
時間:10:00 ~18:00
会場:うつくしきもの松屋

   2階イベントホール
   神奈川県逗子市逗子1-6-1
  (逗子銀座通り中央) 
   JR逗子駅から徒歩3分、京浜急行新逗子駅から徒歩4分です。


着物クリエイターズとは・・・

着物が好きで、自分の着たい着物や小物、着物周りのものを商品開発してブランドを立ち上げ
webやイベント、かわいいお店を中心に、それぞれ自主的に活動しています。

「インディーズ着物」として「井戸端着物マーケット」などでお目にかかっているshopもありますので、
ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

一つのショップ、作家では出来ないコーディネートも、複数で一緒にイベントをすれば
いろいろ楽しい提案が、お客様に出来るよね!?ということで、
着物、帯、履物や小物、彫金帯留や帯飾り、作り帯や初心者さん向き着物、モダン、シンプル、綿麻、手仕事、職人技
カワイイ、ラグジュアリーetc・・・個性的なメンバーが思い思いの提案をしようと、
11月23日、24日の連休に販売会のイベントを行います。

どんな化学反応が起きて、思いも寄らないコーディネートが生まれるかしら?

皆さん、ぜひ遊びに来て下さいね ♪

★ 出 展 s h o p ★

kaonn-日音衣
新之助上布
モダン着物小物 梅屋
ろっこや
fanny coco
和キッチュ
はじめて着物小梅
アトリエNOBU
キンゾウ商店
   
会場提供の「うつくしきもの松屋」さんも一緒に1ブースで出展します。
松屋オリジナル商品をご紹介予定です。

☆★ こんな楽しいコト、あります! ★☆

*** 秋の湘南~鎌倉をきものでぶらり♪
心地よい 海 の 香りを満 喫 する見どころ味どころ満 載!お 散 歩コース をご案内します

*** 9店舗それぞれが、得意なひと技を教えちゃう!
いつ行っても、何かのワークショップ開催中!(事前申込制)

ワークショップ詳細/お申し込みについては、こちらのブログ(オフィシャルブログのワークショップページ)をご覧下さい。
また詳細は、オフフィシャルブログで順次ご紹介して行きます。
チェックして下さいね。

場所は、海の街〜湘南〜
「逗子」駅にほど近い、老舗の呉服店「うつくしきもの松屋」2階のイベントホールです。
会場(店舗)は駅からすぐ近くの商店街にあります。
鎌倉もお隣、海風も感じられ、ちょっとした小旅行やお散歩に最適。
東京を離れて、というのも
クリエイターズ+老舗の呉服店
というのも、私達もドキドキの初の試みです。
posted by にびいろ at 18:18| Comment(0) | 活動/取り組中

プロジェクッションマッピングのライブを初めて観ました!

先週になってしまいましたが、逗子市では「逗子メディアアートフェスティバル2013」が開催されていました。

週末ぶらぶら町歩きをしながら、夕方から幸いにも雨もグッと堪えてくれて
メインイベントのひとつ「 1 minute projection mapping」の1日目を見てきました。
たくさんの参加作品があり、国際コンペティションだそうで、海外からの参加作品も多くて
それぞれ個性的です!

先週終了したので、優勝作品が動画で見られます。
是非ご覧になってみて下さい。


でも、目の前の建物(小学校の校舎)に映し出されるCGはとても幻想的できれいでしたし
大迫力でした。

いろいろ可能性のある、アート分野だなあ、と思います。

この日はお天気も今ひとつで、多少肌寒く
袷の着物の季節になったなあ、と思ったのですが・・・(この日私は遠州木綿でした。ちょうど良かったです)

DSC_0200.jpg

※なんか怖い顔をしているのは、小雨まじりで少し寒かったからですよ〜ん

その後また暑くなりましたね・・・
なんでしょう、この変な気候は。

posted by にびいろ at 17:55| Comment(0) | 日記

2013年10月02日

半田九清堂元相談役 半田正博氏が急逝されました

ちょっと固い内容です(いつも固いですが)

IMG_1352.JPG

ご葬儀に行って参りました。
国宝修理装潢師連盟 加盟修理工房 株式会社半田九清堂 半田正博氏がお亡くなりになりました。

今日社葬に伺って参りました。
↑ この読みたく無くなるような団体は 東京国利値博物館や京都国立博物館等々で、国宝などの日本美術品の修理修復を
専門とする技術者集団です。

装潢師(そうこうし)というのは、経師とか表具師とかと同じ意味で、日本絵画の表装や額装をする職人さんです。
現代では、昔からの美術品をどうやって遺して行くのか、は重要な課題で、その修理修復の技術は日本は世界屈指なのです。

私は、以前勤めていた和紙問屋で、半田九清堂さんの担当営業としていわば「お出入り業者」として紙の納品に通っておりました。
知識ゼロの私が、呑気に言いつけられた通りの紙を持って半田さんの元へ参上すると、気さくなお人柄の半田さんは
その修理の様子を、勉強のため見せて下さいました。

工房は本当にいつも驚愕することばかりで、こんな精緻な作業を延々とするものなのか、と畏れると同時に
国宝級の美術品が並び、その断片やらなにやらを繋ぎ合わせている、現場はまさに静かなる戦場であり
美術と和紙が好きな私にはキラキラ輝ける世界でしたが、
その当時から修理修復は化学系の大学院を出ていないと就職出来ない高度なエリート専門職で、
文系の私はただただ半田さんのお言い付けを守っているような有様でした。

半田さんに素人にもわかる程度のことを教えて頂いたこと、和紙文化研究会で教えを乞うたこと
その出会いが無ければ、私は和紙の仕事はできていなかったと思います。

そんな仕事に就けてくれた当時の会社にも、いまは感謝しています。
当時はぶーぶー文句ばっかり垂れていましたが、
今になって思うに、紙の職人の仕事のこと、和紙に対する、愛情と敬意に溢れた経営者でした(まだ健在で現役です念のため)
この業界で会社を経営維持するには、ご苦労が多かったと思うのですが、いまやっとそんなことがわかる始末です。

話が飛びましたが、
お焼香の時に遺影を拝見しました。とても楽しそうに微笑んでおられて、思わず涙が出ました。

半田九清堂を退職された後、東北芸術工科大学の保存学科で教鞭をとっていらっしゃいました。
教え子とおぼしき方々もたくさん参列されていました。
日本と中国との間での、修理保存に関する技術交流の先駆となられたのも半田さんでした。
一年のうちほとんどを中国に行っておられた頃も覚えております。

私にも、こんなにいろいろ教えよう、引っ張り上げようとして下さった半田さんの期待に応えられなかった・・・
ここ数年は、私はそんな申し訳なさが積もっていました。申し訳ありません、と遺影にお詫びをしてきました。

人生こんなことばっかりです、ほんと。

ご冥福を心よりお祈り申しあげます。
posted by にびいろ at 20:58| Comment(0) | お仕事とは